医療保険にはどのような商品があるのかを確認する

医療保険にはどのような商品があるのかを確認する

ここでは、申し込みを行なう前に実際にどのような医療保障が販売されているのかを確認する方法を紹介しています。


 

【医療保険にはどのような商品があるのかを確認する】

 

今までの内容でどのような医療保険に加入したいのか、なんとなくでも分かってきたと思います。

 

ここでは、実際にどのような医療保険があるのかを確認する事にします。
実際にどのような医療保険があるのかを知っておくためにも出来るだけ多くの医療保険の商品を知っておくことが大切になります。出来るだけ多くの保険を知っておくことで、実際に医療保険に加入する時にどの生命保険会社の医療保険が良いのかを選択する選択肢が増えるからです。

 

生命保険の保険料の元となるものには、生命保険会社の事業を行なう為に必要となる費用も含まれています。この費用は、各生命保険会社ごとに違いがあり、テレビコマーシャルなどの宣伝広告費用や営業所、支店、本店の維持費用、営業費用も含まれます。この為、同じ保障内容の医療保険で合っても生命保険会社により保険料に差が出て来ます。

 

この為、出来るだけ多くの生命保険会社の医療保険を見比べる事があなたに合った一番保険料の安い、最適な医療保険を見つける秘訣にもなります。

 

それで、ここでは、インターネットから、一括で生命保険の資料請求が行えるサイトを紹介します。基本的には、出来るだけけ多くの生命保険の資料を集める方が、色々と見比べる事ができるのでお勧めです。

 


 

しかし、ここで紹介しているサイトから全て資料を請求するのは、ちょっと大変という方の為に、私なりに下記のように3つに分類をしてみました。

 

  ・ある程度、簡単に自分で、どのような生命保険があるか見たい方
  ・とりあえず、資料請求をしたい方
  ・じっくりと、どのような生命保険があるか見たい方

 

このように分類してみました。

 


 

また、どのような生命保険があるか、項目もご紹介していますので、参考にして下さい。


多くの資料が欲しい方は、下記のサイトを順番にまわり、できるだけ多くの資料を集めてください。多くの資料を集める事により、各社の生命保険の違いやあなたにあった生命保険が見つかりやすくなります。

 


 

 

【ある程度、簡単に自分で、どのような生命保険があるか見たい方】
簡単に生命保険の資料を請求したいが、自分に合ったものかをある程度確認がしたい人向け。

 

●保険スクエアbang!/生命保険
(←ここをクリック)

 

「保険スクエアbang!/生命保険」では、あなたの必要な生命保険の用途にあった、

 

 ・病気・ケガ
 ・ガン
 ・死亡保障
 ・こども向け
 ・シニア向け
 ・年金・積立

 

に分けて項目分けされています。
必要な生命保険にどのような商品があるかを確認して、資料請求ができます。

 

 


 

 

【とりあえず、資料請求をしたい方】
色々と細かい条件を気にしないで、簡単に資料を申し込みたい方向け。

 

 

●インズウェブ生命保険等一括資料請求
◆無料!◆インズウェブの生命保険一括資料請求 (←ここをクリック)

 

「インズウェブ生命保険等一括資料請求」では、
資料請求画面が1画面で、必要な生命保険にチェックを付けるだけなので、資料請求が行えます。

 

ここでは、

 

 ・定期保険
 ・医療保険
 ・がん保険
 ・医療保障重視セット保険
 ・学資保険

 

の生命保険の資料が請求できます。

 



●イオン保険マーケット
イオン保険マーケット/生命保険一括資料請求 (←ここをクリック)

 

「イオン保険マーケット」でも簡単に資料の請求が行えます。

 

ここでは、

 

 ・終身・定期保険
 ・生保型貯蓄保険
 ・介護保険
 ・生保型年金保険
 ・学資保険

 

の生命保険の資料が請求できます。

 

 


 

 

【じっくりと、どのような生命保険があるか見たい方】
じっくりと、どのような生命保険があるのかを見たい方向け。

 

●比較.COM
比較.comの生命保険一括資料請求!【無料】
 (←ここをクリック)

 

「比較.COM」では、

 

  ・医療保険を比較
  ・がん保険を比較
  ・終身保険を比較
  ・傷害保険を比較
  ・定期保険を比較
  ・養老保険を比較

 

のような項目分けがされており、
例えば、「医療保険を比較」を選択すると、医療保険の一覧が表示され、
各医療保険の「特徴」、「保険期間」、「契約年齢」の項目が表示されるので、
詳しく見たい方にお勧めです。

 



ここで資料請求を行うことで、色々な生命保険を見ることができます。
この多くの生命保険の中からあなたにあった生命保険は、見つかったでしょうか?


見つかった方は、そのまま契約しても良いと思いますが、私なら、専門家の意見も聞いてみたいところです。自分で選んで、さらに専門家の意見を取り入れることで、本当に納得ができる生命保険に入れると思います。