「あ行」の用語集

一時払変額保険(いちじばらいへんがくほけん)の用語集

スポンサーリンク


ここでは、「一時払変額保険(いちじばらいへんがくほけん)」についての用語の説明を行なっています。「一時払変額保険」についての意味が分からない場合に参考にして貰えればと思います。


一時払変額保険(いちじばらいへんがくほけん)

一時払変額保険とは、保険料の支払いは、契約した時の1回のみ行う変額保険で、保険の運用実績によって受け取ることが出来る保険金額が増えたり、減ったりする事が特徴の保険です。

この一時払変額保険では、保険料を一時払いする事によって、税法上では、「金融類似商品」と言われる部類に分類される事になります。この「金融類似商品」には、一時払変額保険以外に、一時払い養老保険などがあります。


なお、「金融類似商品」とは、加入から5年以内となっている保険期間であるものや、さらには、保険期間が5年を超えているものであっても契約してから5年以内に解約した保険も含むことになります。

また、保険料の払い込み方法としては、一時払いとなっているものが有名ですが、一時払い以外には、契約日から1年以内に保険料の総額の50%以上を払い込む場合や契約日から2年以内に保険料の総額の75%以上を払い込むといった場合も「金融類似商品」と言われます。

さらに、保険の保障倍率が、災害死亡保険金や病気や怪我による入院給付金、通院給付日額×支払い限度日数が満期保険金の金額の5倍未満であると言った条件を満たした場合には、金融類似商品となります。


一時払変額保険ですが、このような「金融類似商品」に該当する事になるので、保険料の支払った総額と受け取ることが出来る保険金の差益が出て、利益が出た場合には、20%の源泉分離課税がかかることになります。


変額保険というのは、保険会社が預かった保険料を株式や債券などを資金を運用する事になり、この運用実績によって、保険金や解約返戻金の増減がします。このような保険金や解約返戻金というのは、変額保険の場合は、運用リスクは個人が請け負うことになっているのも特徴です。

もしも、一時払変額保険に加入している人が死亡した場合には、「基本保険金」と「変動保険金」を受け取ることが出来ます。「基本保険金」は、運用実績がマイナスになっていたとしても最低限は保障される保険金です。「変動保険金」は、運用実績によって、保険金が増減する部分になります。


スポンサーリンク



医療保険でお悩みのあなたに・・・


中立的な立場で、強引な勧誘が無く、保険のプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談したいなら
10万人以上無料相談実績顧客満足度96%の脅威の満足度なので口コミで広まった保険のマンモス。
コチラへ ⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス

やっぱり、いきなり生命保険の営業マンに会いたくないと思われる方は、インターネットで、医療保険保険料額なども分かって、一括で資料請求が出来るところがオススメです!!!

 気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)




複数の生命保険の資料を保険料を確認しながら無料で資料請求
⇒⇒⇒ 生命保険の資料請求日本最大級の保険比較サイト-保険市場
保険料日本最大級の保険比較サイト-保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
バナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2013年04月09日 14:11