入院した時にかかる費用

医療費の自己負担額について

スポンサーリンク

ここでは、病気やケガをした場合に自分で負担することになる費用の自己負担額について見ていきます。


医療費の自己負担額


医療保険は、病気やケガをした時に利用する生命保険です。
この医療保険に加入する時に考える必要があるのが、入院した時の

  ・医療費

になります。

皆さんが知っている事と思いますが、健康保険証を持っている人の場合は、医療費が全額支払う必要が無いです。医療費の7割ぐらいは、健康保険から支払ってもらえいます。この為、入院した場合に自分で支払うものは、残りの3割部分になります。

この医療費の自分で支払う部分の3割のことを医療費の自己負担額と言います。


【入院時に自己負担額】


●医療費

自己負担分である医療費は、基本的に3割です。
しかし、年齢を基準に医療費の自己負担額が軽減されている場合がありますので、下記一覧を参考にしてください。

【医療費の自己負担額】
対象者の年齢自己負担の割合
3歳未満2割
3歳以上〜70歳未満3割
70歳以上1割
所得が一定以上の70歳以上2割


このように、健康保険に加入している人の場合には、病気やケガをした場合には、かなりの部分の金額が健康保険から支払われます。

医療保険に加入する場合にも、健康保険が適応された金額を考慮して、自己負担額のみを考えて加入する必要があります。

この為、健康保険に加入していれば、医療保険に加入する場合にもかなり医療保険で準備する必要がある金額は低くなります。


また、一般的に医療保険に加入する場合には、医療保険の基本的な保障内容は、病気やケガをして入院した場合になりますので、風邪などの病気になって通院する場合などは医療保険の保障の対象外になります。


スポンサーリンク



医療保険でお悩みのあなたに・・・


中立的な立場で、強引な勧誘が無く、保険のプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談したいなら
10万人以上無料相談実績顧客満足度96%の脅威の満足度なので口コミで広まった保険のマンモス。
コチラへ ⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス

やっぱり、いきなり生命保険の営業マンに会いたくないと思われる方は、インターネットで、医療保険保険料額なども分かって、一括で資料請求が出来るところがオススメです!!!

 気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)




複数の生命保険の資料を保険料を確認しながら無料で資料請求
⇒⇒⇒ 生命保険の資料請求日本最大級の保険比較サイト-保険市場
保険料日本最大級の保険比較サイト-保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
バナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2007年02月12日 02:47