入院した時にかかる費用

医療費の自己負担額について

スポンサーリンク

ここでは、医療保険に加入する時に一般的にどれくらいの入院給付金を貰えるようにしておくべきかについて見ていきます。


医療保険の入院給付金の額

医療保険の入院給付金とは、病気やケガをして、入院した時に生命保険会社から貰う事ができるお金のことになります。

この入院給付金は、入院した日数によって、貰う事ができる金額が違ってきますが、生命保険に加入する時には、1日入院してどれくらいのお金が貰えるかを考えます。

この1日入院してもらえるお金のことを入院日額と言います。


一般的に入院日額で必要な金額は

  ・会社員の場合
    5000円 〜 1万円

  ・自営業者の場合
    1万円 〜 1万5000円

になります。


もし、5000円の入院給付金を貰う場合には、入院費用の全てを医療保険で準備する事は難しい場合があります。これは、医療保険は、いざと言う時の為の保障ですので、入院した時の費用を全て医療保険で準備すると保険料が高額になります。

この為、必ず必要となる訳ではない医療保険で準備する入院費用を最低限の金額の5000円におさえておき、足りない分は、貯蓄を利用することにします。

このように、最低限の保障を医療保険で準備しておき、足りない分に関しては、預貯金で準備することにしておくと、医療保険に支払う保険料を安くおさえることができるというわけです。

この為、基本的な考え方として、ケガや病気で入院した場合の医療費は、全て生命保険で準備する必要はないという事です。ケガや病気をした時には、生命保険である程度の保障を用意するが、預貯金なども併用する方が家計にはやさしいく、支払う保険料を安くする秘訣になります。

もし、保険料をもう少し多く支払えるという人の場合には、1万円ぐらいの入院日額にしておいても良いと思います。

また、自営業者の場合には、入院中は、収入が途絶えてしまいますので、入院中は、預貯金などでの貯蓄を取り崩しての生活になると思います。もし、預貯金を十分に貯めていない場合や預貯金を取り崩したくない場合には、入院中の生活費を貰える保険もありますので検討すると良いでしょう。


スポンサーリンク



医療保険でお悩みのあなたに・・・


中立的な立場で、強引な勧誘が無く、保険のプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談したいなら
10万人以上無料相談実績顧客満足度96%の脅威の満足度なので口コミで広まった保険のマンモス。
コチラへ ⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス

やっぱり、いきなり生命保険の営業マンに会いたくないと思われる方は、インターネットで、医療保険保険料額なども分かって、一括で資料請求が出来るところがオススメです!!!

 気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)




複数の生命保険の資料を保険料を確認しながら無料で資料請求
⇒⇒⇒ 生命保険の資料請求日本最大級の保険比較サイト-保険市場
保険料日本最大級の保険比較サイト-保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
バナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2007年02月05日 00:20