健康保険・国民健康保険

ここでは、公的な保険制度である「健康保険・国民健康保険」についての情報を紹介しています。このホームページで多く説明している民間の生命保険とは内容が異なります。

健康保険・国民健康保険の役割

ここでは、病気をした時に利用できる、公的な保険である健康保険・国民健康保険の制度についての役割について紹介しています。(民間の生命保険の保険とは違う内容になります。)

公的な医療保障で自己負担額は以外に少ない

公的な医療保障である、健康保険、国民健康保険を利用することによって、病院で自分で支払うことになる自己負担額のお金の金額の内容について紹介しています。

公的な医療保障の種類について

公的な医療保障の健康保険や国民健康保険については、職業などを基準として、いくつかの種類に分類することが出来るようになっています。この為、人により、加入している健康保険制度に違いが出てくることになります。ここでは、この公的な健康保険制度の医療保障の種類についての紹介をしています。

医療費の自己負担額の計算方法(医療費編:70歳未満の場合)

公的な健康保険や国民健康保険には、基本的に皆が加入することになっていますが、ここでは、この公的な健康保険、国民健康保険の中でも70歳未満の人の場合について、病院などにいった時に健康保険、国民健康保険を利用する時の自己負担額の計算方法を紹介しています。

医療費の自己負担額の計算方法(医療費編:70歳以上の場合)

ここでは、公的な健康保険、国民健康保険の中でも70歳以上の人の場合について、病院などにいった時に健康保険、国民健康保険を利用する時の自己負担額の計算方法を紹介しています。

医療費の自己負担額の計算方法(その他の自己負担編)

健康保険・国民健康保険などの公的な健康保険に加入している場合には、病気やケガで病院に行った場合の入院費用、手術費用などを健康保険の適用を受けて一定額の自己負担額を支払えばよくなりますが、ここでは、この医療費の自己負担額の計算方法について紹介しています。

高額療養費の前借り制度

日本の健康保険、国民健康保険などのような公的な健康保険制度には、高額な医療費が必要になった場合には、高額療養費の前借り制度というものが存在します。

大企業のサラリーマンの「附加給付」

日本の大企業などのような大きな企業の場合には、企業独自で運営している健康保険制度である「組合管掌健康保険」が準備されていることが多いです。この「組合管掌健康保険」で健康保険を運営している場合によくある、大企業のサラリーマンの「附加給付」について、ここでは紹介しています。