医療保険の注意点

告知義務違反をしていた場合

スポンサーリンク

ここでは、告知義務違反をしていた場合について見て行きたいと思います。


告知義務違反をしていた場合


告知義務違反に扱われるケースは、基本的には、
 
 ・虚偽
 ・故意
 ・重大な過失

があった場合に、告知義務違反として扱われます。


詳細には、生命保険会社の判断になりますので、実際には、告知義務違反
として扱われるかは生命保険会社の判断になります。
また、生命保険会社が告知義務違反の判断を行なう為、
生命保険会社の違いに良い、判断基準が若干違う可能性もあります。



医療保険や死亡保険などの生命保険に加入する時に、正確に告知を行なった
つもりであったが、過去の病歴などをうっかり忘れていて告知を正確に
していなかった場合には、追加告知を行なう事ができます。


もしも、追加告知を行なったのが、契約してから2年以内であれば、
善意の告知として扱われて、生命保険会社が引き受け不可と判断した場合でも
契約時にさかのぼって、支払った保険料が返還される可能性があります。


なんにせよ、告知を行なう時には、生命保険の営業担当者が
何と言おうと、正確に告知する事が大切です。

医療保険に加入する時には、告知は、面倒だからといい加減に
してしまいがちですが、後日、病気になった時に告知義務違反
心配で、保険金請求が出来なかったり、我慢して病院に行かないで病気が
悪化するのを考えると、初めから素直にしておくのが一番良いと思います。




スポンサーリンク



医療保険でお悩みのあなたに・・・


中立的な立場で、強引な勧誘が無く、保険のプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談したいなら
10万人以上無料相談実績顧客満足度96%の脅威の満足度なので口コミで広まった保険のマンモス。
コチラへ ⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス

やっぱり、いきなり生命保険の営業マンに会いたくないと思われる方は、インターネットで、医療保険保険料額なども分かって、一括で資料請求が出来るところがオススメです!!!

 気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)




複数の生命保険の資料を保険料を確認しながら無料で資料請求
⇒⇒⇒ 生命保険の資料請求日本最大級の保険比較サイト-保険市場
保険料日本最大級の保険比較サイト-保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
バナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2008年03月25日 06:42