医療保険の注意点

告知義務違反になる場合

スポンサーリンク

ここでは、告知義務違反になる場合について見て行きたいと思います。


告知義務違反になる場合


医療保険に加入する時には、告知を行い、告知義務を守るのが、
加入者の義務になります。

この告知義務に違反した場合には、告知義務違反として扱われて、
医療保険の契約を解除されて、給付金や保険金の受け取りが出来なくなります。
また、今までに支払った保険料も返還される事がありません。



このように、告知義務違反に扱われるケースは、
 
 ・虚偽
 ・故意
 ・重大な過失

があった場合に、告知義務違反として扱われます。
では、実際には、どのようなケースが告知義務違反して扱われるのでしょうか。




【告知義務違反になるケース@】

まずは、よくあるケースですが、
医療保険の加入の契約をする時の告知時に生命保険の営業担当者に
血便が出ていることを伝えたところ、営業担当者によって、黙ってるように
言われて、医療保険に加入した場合を見てみたいと思います。

このような場合は、告知義務違反に該当します。
実際に、医療保険の加入を認めるかどうかは、生命保険会社が行なう事です。
この為、生命保険の営業担当者や代理店に告知をしていたとしても、
これは、告知義務違反として扱われます。




【告知義務違反になるケースA】

次は、告知対象期間の過去にヒザなどの間接が痛かったので、病院に行き、
医師に見てもらい、シップを貰って貼っていた場合で、医療保険に加入して、
1年後に、ヒザの痛みが原因で入院をした場合を見てみたいと思います。

この場合には、シップを張る程度の通院であったので、特に問題がないと
加入者自身が判断して、医療保険に加入する時に告知をしていなかった
場合には、告知義務違反に該当します。

告知書の内容には、通院についても告知を行なう必要が
あるので、告知の対象となる期間に通院していた場合には、
告知義務違反として扱われます。




【告知義務違反になるケースB】

過去に、肺ガンを発病していたが、とりあえず完治しているようで、
再発するようでも無いので、告知を行なわずに、
ガン保険に加入した場合。

この場合に、ガン保険に加入して1年後に、胃がんになって入院した場合には、
告知義務違反に該当します。

一般的に、ガン保険の場合には、他の病気と違い、一度でもガンになった事がある
人の場合には、加入する事が出来ないので、過去に発病した部分と違う部分が
ガンになった場合でも告知義務違反として扱われます。



今回は、このように告知義務違反になる、3つのケースを紹介
しましたが、基本的に、医療保険などの生命保険や共済などに加入する場合には、
告知の違反をしないように心がけたいものです。





スポンサーリンク



医療保険でお悩みのあなたに・・・


中立的な立場で、強引な勧誘が無く、保険のプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談したいなら
10万人以上無料相談実績顧客満足度96%の脅威の満足度なので口コミで広まった保険のマンモス。
コチラへ ⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス

やっぱり、いきなり生命保険の営業マンに会いたくないと思われる方は、インターネットで、医療保険保険料額なども分かって、一括で資料請求が出来るところがオススメです!!!

 気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)




複数の生命保険の資料を保険料を確認しながら無料で資料請求
⇒⇒⇒ 生命保険の資料請求日本最大級の保険比較サイト-保険市場
保険料日本最大級の保険比較サイト-保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
バナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2008年03月03日 07:42