医療保険の注意点

告知義務違反による注意点

スポンサーリンク

ここでは、告知義務違反による注意点について見て行きたいと思います。


告知義務違反による注意点


新しく医療保険に加入する場合には、生命保険会社に現状の健康状態や過去の病歴について
告知を行ない告知書を提出する必要があります。
このように、現状の健康状態や過去の病歴などを正しく生命保険会社に
告知する事を告知義務と言います。



そもそも、告知義務とは、なぜあるのでしょうか?
それは、生命保険会社の仕組みを見ると分かり易いと思います。


生命保険会社は、多くの加入者から保険料を徴収して、資金を貯めておき、
もしも、その加入者のひとりが病気やケガ等で、入院したり手術をした場合などに
給付金や保険金を多くの加入者から集めた資金の中から支払います。


この為、もしもの時を考えて加入していた医療保険でも、告知義務
行なわれていない場合には、病気の人が医療保険に加入した場合には、
生命保険会社は、給付金や保険金の支払いが多くなり、生命保険会社
自体の営業ができなくなります。


このようになると、健康な状態で医療保険に加入していた人に不利益を
与える可能性も出てきますので、生命保険会社では、医療保険に加入する時に
加入者に不公平感が出ないように、基本的に、ある一定以上の健康状態である人しか
医療保険に加入できないようにしています。


このように告知義務を設けることで、健康で優良な加入者
を守る事ができるようにしています。

また、告知を行なう場合には、正しく行なう必要があり、
正しく告知を行なっていれば、病気やケガで入院した場合に、
問題なく給付金を受け取る事ができます。



しかし、もしも病気などをして、入院した場合に、この告知書の内容が
正しくない場合には、告知義務違反として、生命保険会社は、
給付金や保険金の支払いを拒否する事ができます。


このように、告知義務違反に扱われるケースは、
 
 ・虚偽
 ・故意
 ・重大な過失

があった場合に、告知義務違反として扱われます。


告知義務違反として扱われた場合には、給付金や保険金を貰う事が
出来ないだけではなく、医療保険の契約自体も解消され、今までに支払った
保険料も返還されません。



このような事にならないように、ここからは、告知義務違反に成らないように
するための注意点を紹介していきたいと思います。


実際に見ていこうと思う内容は、

 ・告知義務違反にならない場合
 ・告知義務違反になる場合
 ・告知義務違反をしていた場合
 ・告知義務違反をしていて加入後2年超経過した場合の注意点
 
の内容になります。


次のページからこれらの事を紹介していきたいと思いますが、ここで紹介している内容は、
一般的な内容であって、どの生命保険会社でも適応されているかは不明です。
実際に告知義務違反であるかどうかを判断するのは、生命保険会社に
なりますので、正確に知りたい人の場合には、実際に生命保険会社に問合せる必要があります。

ここで紹介する内容は、参考程度にして頂ければと思います。





スポンサーリンク



医療保険でお悩みのあなたに・・・


中立的な立場で、強引な勧誘が無く、保険のプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談したいなら
10万人以上無料相談実績顧客満足度96%の脅威の満足度なので口コミで広まった保険のマンモス。
コチラへ ⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス

やっぱり、いきなり生命保険の営業マンに会いたくないと思われる方は、インターネットで、医療保険保険料額なども分かって、一括で資料請求が出来るところがオススメです!!!

 気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)




複数の生命保険の資料を保険料を確認しながら無料で資料請求
⇒⇒⇒ 生命保険の資料請求日本最大級の保険比較サイト-保険市場
保険料日本最大級の保険比較サイト-保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
バナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2008年01月28日 09:41