医療保険の注意点

医療保険の加入した時期による注意点

スポンサーリンク

ここでは、医療保険の加入した時期による注意点について見て行きたいと思います。


医療保険の加入した時期による注意点


医療の現場では、手術の方法が、日々、新しく開発されているようです。
この為、ガンになったとしても、最近では、特にひどくない場合には、
日帰りの手術で済んでしまうと言う話はよく聞きます。


このように、医療技術は日進月歩しています。
これに合わせて、医療技術ほど早い展開は難しいようですが、生命保険会社も
20年、30年という長いスパンで見ていくと、手術給付金の対象と
する手術は増えていっているようです。



ただし、医療保険などは、多くの人の場合には、5年や10年、
15年の契約をしたり、場合によっては、60歳までや終身の契約を
している人がいます。


このように、長期間の医療保険の契約をすると、支払う保険料総額を安くするメリット
があります。特に終身などの長期間の契約になる医療保険の場合には、老後の保障を得る
のには最適な保障商品であると言っても良いのではないでしょうか。



しかし、医療保険を長期に渡って契約する事によるデメリットもあります。
医療保険を20年、30年のような、又は、終身のような何十年も長期間の契約を行なう場合には、
20年後に病気になり手術を受ける時に、その時代では、当たり前の手術方法であっても、
20年、30年前に加入した医療保険では、手術給付金の対象外の
手術となる場合が考えられます。


この為、最新の手術に対応していないのは、仕方ないと諦めることができるかも
しれませんが、現在、一般的に行なわれている手術にも対応していないと、
実際に使い道の無い医療保険に加入していると言っても良い事になります。



このうように、医療保険に加入する場合には、支払う保険料の総額を下げる為に、
終身などの長期間の契約の医療保険に加入する人も居ると思います。
また、終身の医療保険に加入する事で、老後の医療保障も安心だと思う人も
居ると思います。


しかし、医療保険には、長期の契約をした場合には、いざと言う時に、
手術給付金が使い物にならない可能性もありますので、
この点を踏まえて、医療保険に加入しておく必要があります。




スポンサーリンク



医療保険でお悩みのあなたに・・・


中立的な立場で、強引な勧誘が無く、保険のプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談したいなら
10万人以上無料相談実績顧客満足度96%の脅威の満足度なので口コミで広まった保険のマンモス。
コチラへ ⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス

やっぱり、いきなり生命保険の営業マンに会いたくないと思われる方は、インターネットで、医療保険保険料額なども分かって、一括で資料請求が出来るところがオススメです!!!

 気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)




複数の生命保険の資料を保険料を確認しながら無料で資料請求
⇒⇒⇒ 生命保険の資料請求日本最大級の保険比較サイト-保険市場
保険料日本最大級の保険比較サイト-保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
バナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2008年01月16日 09:40