世代別に考える

結婚している人の医療保険を考える

スポンサーリンク

ここでは、結婚している人には、どのような医療保険がどのような保障があれば良いのかを考えていきます。



【結婚している人の医療保険を考える】

結婚している人の医療保険の場合には、会社勤めをしている人か自営業の人かで金額が変わってきます。ここでは、主に夫が一家の大黒柱として働いている家庭を前提に説明しています。

このような形で、夫の場合と妻の場合を順番に見ていきたいと思います。


【結婚している家庭の夫の場合】

・妻が専業主婦の夫の場合

住宅ローンを返済している期間に一家の大黒柱である夫が入院した場合には、住宅ローンの支払いに困るかもしれません。このような場合を想定した場合には、多めの入院給付金か収入保障の保険が必要になるでしょう。

また、住宅購入後などの預貯金が少ない時期に妻が長期入院をした場合には、入院費用が家計を圧迫してきます。このような場合、入院費用を支払う事が困難になるかもしれません。このように預貯金が少ない時などは、特に医療保険に加入しておき、いざと言う時に備えておく必要もあるでしょう。

医療保険については、入院日額10000万円で良いと思います。もし、預貯金などで医療費の足りない部分をまかなえる場合には、5000円程度で良いでしょう。

また、一家の大黒柱である夫が会社員であるか、自営業であるかによっても違いが出て来ます。

この為、入院給付金の日額は、
・会社員、サラリーマンの人の場合
 5000円 〜 10000円
・自営業、フリーの人の場合
 10000円 〜 15000円
のように設定するのが一般的です。

また、ガン保険や特定疾病保険などにも加入しておくと安心です。


・共働きの夫の場合

共働きの夫の場合には、妻が働いて収入がありますので、基本的に、いきなり生活に困る事が少ないと思います。この為、夫の収入が減ったり、夫の収入が無くなった場合にどれくらいの家計に影響がでるかできまります。

この為、入院給付金の日額は、
・会社員、サラリーマンの人の場合
 5000円 〜 10000円
・自営業、フリーの人の場合
 10000円 〜 15000円
のように設定する事になると思いますが、

妻の収入が当てに出来る場合や住宅ローンの返済などに困らない場合には、
・会社員、サラリーマンの人の場合
 5000円程度
・自営業、フリーの人の場合
 10000円程度
と低めの金額でも問題無いでしょう。



【結婚している家庭の妻の場合】

・専業主婦の妻の場合

医療保険については、夫の収入が今まで通りにある為、入院日額5000円あれば良いでしょう。足りない分は、預貯金で補うぐらいの考え方で良いと思います。もし、家計の状態が住宅購入直後で、預貯金が少ない時期の場合には、日額10000円程度にしておき、多めの保障にしておけば良いでしょう。


・共働きの妻の場合

専業主婦の妻の場合と基本的には、同じ、入院日額5000円で、考え方で良いと思います。しかし、もし、毎月の家計に対して、妻の収入が大きな比率や役割がある場合には、日額10000万円程度の保障を付けて、少し、余裕を持っておくと良いでしょう。




スポンサーリンク



医療保険でお悩みのあなたに・・・


中立的な立場で、強引な勧誘が無く、保険のプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談したいなら
10万人以上無料相談実績顧客満足度96%の脅威の満足度なので口コミで広まった保険のマンモス。
コチラへ ⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス

やっぱり、いきなり生命保険の営業マンに会いたくないと思われる方は、インターネットで、医療保険保険料額なども分かって、一括で資料請求が出来るところがオススメです!!!

 気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)




複数の生命保険の資料を保険料を確認しながら無料で資料請求
⇒⇒⇒ 生命保険の資料請求日本最大級の保険比較サイト-保険市場
保険料日本最大級の保険比較サイト-保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
バナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2006年11月13日 02:51