世代別に考える

一生1人かもと思っている人の医療保険を考える

スポンサーリンク

ここでは、一生1人かもと思われている人には、どのような医療保険がどのような保障があれば良いのかを考えていきます。


【一生ひとりかもと思っている人の生命保険】

一生ひとりかもと思っている人の場合には、独身者の生命保険に比べて、高齢になってからの保障をしっかりと考えておく必要があります。また、年齢にもよりますが、老後の資金についても視野にいれると良いでしょう。


【一生ひとりかもと思っている人の医療保険】


一生ひとりかもと思っている人の医療保険は、老後になってからも保障されるタイプに意識して加入しましょう。老後の医療保険も考慮に入れた場合には、やはり、終身型の医療保険に加入しておく事をお勧めします。終身型の医療保険に加入しておく事で老後の生活で病気やケガがあった時にも安心できます。

また、保険料の支払いは、60歳や65歳までに済ませておく事をお勧めします。これは、老後になると収入が公的年金が中心となり、現役時代に比べると収入が減る為、もし、保険料が支払えなくなり、解約する事になった場合に病気をしても医療保険が無くなってしまう為です。老後の保障は、現役時代に確保したいものです。

もし、現役時代の医療保険を充実した保障にし、老後はそれなりの保障が必要と考えておられる場合は、死亡保険でご説明した方法と同じく、医療保険を2つに分けて加入すると良いでしょう。2つに分けて加入する事で、ひとつは老後に渡り加入しておき、もうひとつは、老後を迎える時に解約します。このように先を見越して生命保険に加入する事は大切な事です。

老後の医療保険では、入院した時の入院給付金の支払われる日数にも気を付けておく良いでしょう。老後になると高齢の為、若い時に比べて病気が治りにくくなります。その為、老後に備えて加入する医療保険は、現役時代よりも日数の多い医療保険に加入すると安心できます。

医療保険に加入する場合には、一番気になるのが入院した時の入院給付金だと思います。
一般的には下記のような保障金額のものが多いようです。
・会社員の場合
 1日5000円 〜 10000円
・自営業やフリーの場合
 1日10000円
ぐらいあれば安心です。
入院後の通院の費用についても出来れば付けておくと良いでしょう。

また、ある程度の年齢になってくると病気にもかかりやすくなりますので
・ガン保険
・3大疾病特約
・女性疾病特約
などの生命保険にも加入すると、さらに安心です。
 

「医療保険」は、「死亡保険」以上にしっかりと考えて加入する必要があります。
それは、もし病気やケガで入院した場合の費用で困るのは自分自身です。自分のためにも医療保険は、死亡保険以上にしっかりとした保障のものに加入しておきましょう。




スポンサーリンク



医療保険でお悩みのあなたに・・・


中立的な立場で、強引な勧誘が無く、保険のプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談したいなら
10万人以上無料相談実績顧客満足度96%の脅威の満足度なので口コミで広まった保険のマンモス。
コチラへ ⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス

やっぱり、いきなり生命保険の営業マンに会いたくないと思われる方は、インターネットで、医療保険保険料額なども分かって、一括で資料請求が出来るところがオススメです!!!

 気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)




複数の生命保険の資料を保険料を確認しながら無料で資料請求
⇒⇒⇒ 生命保険の資料請求日本最大級の保険比較サイト-保険市場
保険料日本最大級の保険比較サイト-保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
バナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2006年11月05日 19:20