加入前にチェックする事

生命保険を解約する場合の確認点

スポンサーリンク

ここでは、生命保険を解約するとどうなるかを見ていきます。
解約時には、解約後どのようになるか確認しておいてください。



【生命保険を解約する場合の確認点】

生命保険の解約とは、生命保険の契約を解消し、今後の保障と支払いを無くす事です。



・生命保険の解約方法

生命保険を解約する場合には、生命保険会社によって決められて書類に必要事項を記入して提出する必要があります。また、生命保険会社の窓口で解約手続きをする場合には、保険証書や身分証明書、印鑑などが必要となります。

生命保険の解約を行う場合に、口頭で伝えたり、保険料の支払いを止めるだけでは生命保険の解約は行えません。保険料の支払いを一方的に止めると、今まで、生命保険で貯めてきたお金を保険料として充当される場合もあります。この場合には、解約した時の解約返戻金が減ってしまう可能性もありますので、気をつけましょう。


・戻ってくるお金

生命保険を解約する事で、今後の生命保険料の支払いは無くなりますが、今までに支払った保険料は戻ってきません。生命保険の解約時に解約返戻金がある場合には、解約返戻金が戻ってきます。

しかし、生命保険の契約をして、あまり日がたっていない場合には、解約返戻金が無い事が普通です。また、解約返戻金の金額は、今までの支払った保険料、保証内容、保険期間、予定利率などの色々な条件によって違ってきます。一般的には、今までに払い込んだ保険料よりは少なくなります。


・生命保険の解約後の保障

生命保険の解約を行った時点で、生命保険の契約は消滅します。つまり、解約後の保障はなくなりますし、元に戻す事も不可能です。もし、再度保険に加入したい場合は、再度、あらたに新しい生命保険に加入する必要があります。この場合、現状の年齢で生命保険の保険料が計算されますので、基本的に保険料は高くなります。また、健康状態によっては、再度、生命保険に加入できない場合がありますので、生命保険の解約を行う場合には慎重に行いましょう。



かなり当たり前のことも含まれていますが、生命保険を解約する事でこのような状態になります。あえて当たり前のように思われる事を述べたのには、生命保険の解約には伸長に行って欲しいからです。
例えば、新しい生命保険に加入する場合で、今まで加入していた生命保険を解約する場合です。早々に生命保険を解約して、さあ、次の生命保険に加入しようと思ったら、健康上の都合で生命保険に加入できない場合もあります。

このように新たに生命保険に加入する場合には、新しい生命保険を加入してから今までの生命保険を解約するぐらいの余裕が欲しいところです。特に高齢になるにしたがって、生命保険には加入しにくくなりますので、生命保険を解約する前には、もう一度、慎重に検討し、解約手順も慎重に契約しましょう。




スポンサーリンク



医療保険でお悩みのあなたに・・・


中立的な立場で、強引な勧誘が無く、保険のプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談したいなら
10万人以上無料相談実績顧客満足度96%の脅威の満足度なので口コミで広まった保険のマンモス。
コチラへ ⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス

やっぱり、いきなり生命保険の営業マンに会いたくないと思われる方は、インターネットで、医療保険保険料額なども分かって、一括で資料請求が出来るところがオススメです!!!

 気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)




複数の生命保険の資料を保険料を確認しながら無料で資料請求
⇒⇒⇒ 生命保険の資料請求日本最大級の保険比較サイト-保険市場
保険料日本最大級の保険比較サイト-保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
バナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2006年10月12日 04:42