加入前にチェックする事

告知義務違反について

スポンサーリンク

ここでは、加入時に確認される告知義務違反について見ていきます



【告知義務違反について】

告知義務違反とは、読んで字のごとくで、当たり前のことですが、告知義務に違反した場合です。では、告知義務とは何でしょうか?

ここでは、まず、告知義務について見ていきます。告知義務について理解できれば告知義務違反について理解できると思います。


告知義務とは、生命保険の契約をする際に過去の病歴や健康状態などを生命保険会社に報告する義務のことです。この健康状態などにおいて、うっかり忘れていて告知し忘れたり故意に告知しなかった場合には、告知の義務をおこたったという事で、告知義務違反となります

告知義務違反になると、生命保険の契約じたいを解除されたり、保険金や入院給付金が支払われない事があります。

告知の方法には、
・医師の審査、面接
・告知書への記入
を行う方法で行われます。

告知義務違反になりやすいのは、告知書へ記入する場合です。過去○年間に○日以上にわたって、医師の診察、治療、投薬があったかという感じの設問です。普通、過去にどのような病気を何日して、薬を何日もらったかなど、ほとんどの人が正確に記憶している事はありません。

この為、もし、保険金が支払われるときになって、保険会社の調査員が調査をして、現在の病気と関係のある病気を過去にしていた事が判明した場合には、悪意があってした事でなくても、保険契約を解除され、保険金が受け取れなくなる事があります。



注意点としては、インターネットで契約が行なえる生命保険が上げられます。インターネットで生命保険に加入するのは簡単で良いのですが、やはり、生命保険の営業担当者や専門家が居ない状態で契約を行なうと告知義務に漏れがあり、問題になる事があるようです。インターネット経由の申込は簡単で保険料も安くなりますが、十分に注意が必要です。


また、告知をする時には、色々と喋りすぎずに、聞かれた事だけを正確に答えるように心がけましょう。何か健康上などに不安がある場合には、素直に相談をする事がお勧めですし、健康状態に自信が無い人の場合には、「仮査定制度」を活用すると良いでしょう。

仮査定制度は、生命保険の申込を行う前に生命保険会社が契約してくれるかという事を確認できる制度になります。生命保険会社は、健康上の都合で契約を断ってくる場合がありますが、この基準は、各生命保険会社の基準が違う為、同じ健康状態でも加入できる生命保険会社と加入できない生命保険会社が出て来ます。この為、健康上に不安がある人は、仮査定を申し込んでもても良いのではないでしょうか。



スポンサーリンク



医療保険でお悩みのあなたに・・・


中立的な立場で、強引な勧誘が無く、保険のプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談したいなら
10万人以上無料相談実績顧客満足度96%の脅威の満足度なので口コミで広まった保険のマンモス。
コチラへ ⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス

やっぱり、いきなり生命保険の営業マンに会いたくないと思われる方は、インターネットで、医療保険保険料額なども分かって、一括で資料請求が出来るところがオススメです!!!

 気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)




複数の生命保険の資料を保険料を確認しながら無料で資料請求
⇒⇒⇒ 生命保険の資料請求日本最大級の保険比較サイト-保険市場
保険料日本最大級の保険比較サイト-保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
バナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2006年10月12日 04:40