医療保険を選ぶポイント

医療保険の1回の入院で保障される日数が何日までか

スポンサーリンク

ここでは、1回の入院で保障される日数が何日まであれば安心できるかを説明していますので、見直し、比較の参考にして頂ければと思います。


【医療保険の1回の入院で保障される日数が何日までか】

1回の入院で保障される日数が何日までかとは、医療保険の場合、1入院当たり、何日まで入院給付金が支給されるかの制限日数が設けられています。

一般的な日数は、120日です。120日以外には、60日や180日、360日などの日程を設定する事が可能です。一般的に日数が多い程、保険料が高くなります。

ここで、1回の入院で保障される日数が何日までかで注意点があります。それは、1回の入院のとらえ方です。一般的に医療保険の場合には、1度、Aと言う病気で入院した場合には、一度退院しても、再度、退院してから180日以内に前回と同じAと言う病気で再度入院する事になると、これを1回の入院としてとらえられます。

例)
・Aという病気になった場合
・1回の入院で保障される日数:60日の場合

  あ病院   →   い病院 
(40日入院) → (30日入院)

この場合には、途中で病院を移転しています。しかし、実際には、同じ病気にかかっている為、1回の入院と考えられて、入院日数が70日と計算されて、保障される日数の60日を10日間超えている為、10日間については、入院給付金がもらえない為、自己負担になります。


  あ病院   →  自宅療養   →   あ病院 
(40日入院) → (120日間) → (30日入院)

この場合には、同じ病気であった場合には、1回目の入院と2回目の入院の間の日数が180日以下である為、両方の入院を合計して、1回の入院と考えられます。この場合、入院日数の総数日数が70日となり、保障される入院日数の60日を10日間超えている為、保障日数を超えている部分の10日間については、入院給付金が貰えず、自己負担になります。


  あ病院   →  自宅療養   →   あ病院 
(40日入院) → (200日間) → (30日入院)

この場合には、同じ病気であった場合でも、一度退院してから200日が経っている為、入院日数の総数日数が70日となりますが、最初に入院した時の40日と次に入院した30日間は、1回の入院と考えられずに、2回の入院と考えられる為、70日間分の入院給付金がもらう事が出来ます。


つまり、1回目の入院で60日入院した場合には、180日以内に2回目の入院を同じ病気でした場合には、61日目からカウントが再スタートします。この為、1回の入院での入院給付金の支給日数は、120日程度にしておく事をお勧めします。もし、60日に設定した場合には、一度退院しても、再度、180日以内に入院する事になった場合などに少し不安が残ります。



スポンサーリンク



医療保険でお悩みのあなたに・・・


中立的な立場で、強引な勧誘が無く、保険のプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談したいなら
10万人以上無料相談実績顧客満足度96%の脅威の満足度なので口コミで広まった保険のマンモス。
コチラへ ⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス

やっぱり、いきなり生命保険の営業マンに会いたくないと思われる方は、インターネットで、医療保険保険料額なども分かって、一括で資料請求が出来るところがオススメです!!!

 気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)




複数の生命保険の資料を保険料を確認しながら無料で資料請求
⇒⇒⇒ 生命保険の資料請求日本最大級の保険比較サイト-保険市場
保険料日本最大級の保険比較サイト-保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
バナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2006年10月12日 04:33